使用手順 3.Trade Standで戦略(投資金設定)を作成する


Trade Standは、webhookを利用してTradingViewと証券口座を結び付けることによって、日本株の自動売買を可能にしています。その為、Trade Standをご利用する為には、TradingViewの登録とTrade Standが対応している証券口座のご登録が必要です。
(※現在Trade Standが対応している証券会社はauカブコム証券のみです。)

当記事ではTrade Standで戦略(投資金設定)の作成方法をご紹介しています。他の設定方法をお探しの方は、下記の目次からご希望のページへお進みください。


目次 ※他のページに飛びます

1.TradingViewの有料プランに参加する

2.Trade Standと証券口座を連携させる

3.Trade Standで戦略(投資金設定)を作成する(当記事)

4.TradingViewで自動売買用ストラテジーを作成する

5.TradingViewの自動売買とTrade Standの戦略を連動させる

6.自動売買を動かしてみる



この解説の内容を動画にいたしました。


「文章だけではよくわからない」と言う方は、こちらの「Trade Standをつかってみよう Part3」の動画をご参照ください。



(※当マニュアルに掲載されている内容は、各プラットフォームの更新等により、 実際の表示と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。)



3.Trade Standで戦略(投資金設定)を作成する


まず初めに、Trade Standにログインします。

メニューから「戦略ルーム」を開き、投資金と戦略の設定を行います。


① Trade Standにログインし、左側にあるメニューの「戦略ルーム」をクリックします。

② 自動売買での取引に使う全投資金を入力します。

③「更新」をクリックします。

④「戦略を登録する」をクリックします。


※②は、誤発注防止のためです。設定した投資金を超える注文はキャンセルされます。 投資金上限は、②と③の手順を行えば何度でも変更できます。



「戦略を登録する」をクリックすると、「TradingView アラート受信戦略の登録」という画面に変わります。

この画面では、②で設定した全投資金のうち「どの取り組みにいくら使うか」

を振り分けられます。この振り分けのことを「戦略」といいます。



⑤戦略に名前を付けます。ご自身でわかりやすい名前であれば何でも構いません。

(例:戦略 1、デイトレ、銘柄名など)

⑥この戦略に使う投資金を入力します。

(成り行き注文のため、発注は制限値幅×株数で計算されます。)

⑦「強制決済」と「決算回避」を設定します。

「強制決済」と「決算回避」の詳細設定はメニュー一覧にあるトレード条件で操作することができます。戦略の登録後でも変更可能です。

⑧「登録する」をクリックします。



登録した戦略が「戦略リスト」に表示されますので、 左側にある実売買スイッチをクリックし、「ON」にしてください。

※「OFF」になっていると売買が行われないのでご注意ください。

これで投資金の設定は完了です。戦略は複数登録できますが、同時に保有できる建玉は②で設定した全投資金が上限となりますのでご注意ください。



最後に、TradingViewのチャート画面に取り組みたい銘柄を表示させる方法をご紹介します。TradingViewを開きましょう。

① チャートを開き、画面左上から銘柄を検索します。

② 表示ローソク足を利用したい時間足に変更します。ここでは1分足にします。



下の画像のように表示されたら OK です。

※【9984】ソフトバンクグループは、例として表示しています。




これでTradingViewの戦略(投資金設定)を作成がすべて完了いたしました。


以降の手順につきましては『4.TradingViewで自動売買用ストラテジーを作成する』にお進みください。なお、他の設定方法に関しては下記の項目からお選びください。


1.TradingViewの有料プランに参加する

2.Trade Standと証券口座を連携させる

3.Trade Standで戦略(投資金設定)を作成する (当記事)

4.TradingViewで自動売買用ストラテジーを作成する

5.TradingViewの自動売買とTrade Standの戦略を連動させる

6.自動売買を動かしてみる